「いのち」と向き合い続ける 特別支援学校教諭 
かっこちゃんこと山元加津子さん
子どもの頃から どうして色んなことがうまくいくようになっているのか
知りたくてたまりませんでした

花はどうして咲く時期を知るのだろう
どうしてさなぎはちゃんと蝶になれるのだろう
雨はどうしてふるの、どうしてどうして……

その不思議を追いかけるうち
すべてのものの奥に ある「約束」があるんじゃないかと思いはじめるのでした

「約束」は私たちをつくり
出会わせる
私たちは つながって大きないのちとして
明日へ向かって歩いている

かっこちゃんはその想いを一遍の詩にします
タイトルは「宇宙の約束」
般若心経を心訳したその詩は
私たちが忘れそうになっていた大切なことを
思い出させてくれる愛の詩

かっこちゃんへのインタビューを中心に
「生きるとはなにか」
「死とはなにか」
宇宙の秘密に迫ります

 

ページトップへ